カロリーコントロールで痩せる!

食べ過ぎのせいで太ってしまう方は、カロリーダイエットから始めましょう!

カロリーコントロールの食事

極端なダイエット方法による成功例と肥満細胞症

肥満細胞症で顔が赤い女性肥満細胞症というのは皮膚をはじめ体の様々な部分で肥満細胞が異常に蓄積する病気です。かゆい発疹や顔面紅潮、消化器の不調や骨の痛みが現れることもあります。皮膚や骨髄の清家健によって診断しますが、症状が皮膚だけにしか現れていない場合は特別に治療をしなくても自然に治る場合がありますが、皮膚以外の部位に発症している場合は自然に治ることは通常はありません。
肥満細胞の数が増えて長い間に組織に蓄積すると発症する病気であり、発症することでヒスタミンの量が増えますが、なぜ肥満細胞の数が増え肥満細胞症になるのか、その原因に関してははっきりとは分かっていません。肥満細胞症という名称から、体が太ってゆく病気だというイメージを抱きがちですが、体が太ってしまう病気ではありません。
特に若い女性の間で痩せる事への願望が強く極端なダイエットをして拒食症や過食症を発症する人は少なくありません。極端なダイエット方法の成功例として芸能人などの成功例の写真が掲載されていると、このダイエット方法は信用できるのではないかと思いがちですが、何か一つだけの食材を食べて痩せるといったダイエットの成功例はあまり信用できないと言えます。極端な食材ばかりを食べ続けることで栄養が偏ってしまうと、いくら体重を落とせたとしても体そのものの健康を害する可能性が十分にあります。急にじんましんなどができやすくなったり皮膚のかゆみや盛り上がりなどが気になるようになったら、もしかしたら肥満細胞症という病気を発症している可能性もあります。ダイエットとの直接的な因果関係はもちろん報告されていませんが、無理なダイエットによって体力を落としているときには免疫細胞も弱まり、様々な病気を引き起こす可能性が高まるのは確かです。